石垣旅の途中に出逢ったあなたへ

石垣旅の途中に出逢ったあなたへ

ありがとうを伝えたい

あるとき、1回の旅で何人の人と出逢うんだろう?何人の人と会話をするだろう?と考えた。

「よし!今回の旅で数えてみよう」と思い、1泊2日の弾丸石垣島ひとり旅をしたときにカウントしてみたものの、現地にたどり着くまでだけでも相当な数となってしまい、正式な数を出すことは諦めた。

しかし、カウントしたことにより、旅ができるのはたくさんの人のおかげなんだとようやく気づいた。

今さらだが、そのとき出逢った、でも名前が分からないあの方々へ、メッセージを残そうと思う。

高速バスの運転手さんへ

ユリの花

自宅の最寄りのバス停から羽田空港に向かってくれた、高速バスの運転手さん。

夜明け前から運転してくれてありがとう。

おかげで私はぐっすり眠って、これから始まる旅のエネルギーを充電することができました。

グランドスタッフさんへ

空港

羽田空港のグランドスタッフさん。

心穏やかになる対応をありがとう。

フライトギリギリでドタバタしてしていた心がホッと落ち着き、間違えずに搭乗口へたどり着けました。

客室乗務員さんへ

ブーゲンビリア

飛行機内で出迎えてくれた客室乗務員さん。

さりげない心遣いをありがとう。

窓際に座る私に「○○分後くらいに窓から宮古諸島が見えるかもしれません」と声をかけてくれたおかげで、素敵な景色に出逢えました。

整備士さんへ

ミニひまわり

飛行機をチェックしてくれた整備士さん。

整備と点検を終えて疲れているのにお見送りをありがとう。

離陸前に窓の外を眺めていたら、笑顔で手を振ってくれている姿が目に飛び込んできました。

隣に座っていたお姉さんたちへ

花

これから初めて石垣島に行くという2人組のお姉さん。

おしゃべりしてくれてありがとう。

情報交換をしているうちに、これが女子の旅なんだと大変勉強になりました。

近くに座っていたお兄さんへ

グンバイヒルガオ

手荷物が重くて棚から降ろすのを手こずっていたとき、わきからスッと手が伸ばしてくれたお兄さん。

助けてくれてありがとう。

見知らぬ人にサッと手を差し伸べられるやさしさを、私も誰かにつないでいきたい。

 

ひとり旅と言っても、ひとりじゃない。

たくさんの人のおかげで旅ができる。