茨城から1泊で宮古島、本当に楽しめる?ひとり旅好き女子の旅レポ

茨城から1泊で宮古島、本当に楽しめる?ひとり旅好き女子の旅レポ

1泊2日での宮古島旅レポ

与那覇前浜

私が暮らしているのは茨城県の北部に位置する日立市。

「1泊で沖縄?しかも離島だなんて忙しすぎるでしょ?」「ほぼ移動で、遊ぶ時間ないでしょ?」、1泊で沖縄に行くたびに、よく聞かれる言葉たち。

いやいや、やりようによっては、1泊でもだいぶのんびりできちゃうんですよ。

「本当~?じゃぁどんな風に過ごしたの?参考までに教えて!」と言うことで、今回は1泊2日で宮古島を旅したときの記録をまとめてみました。

旅の前日

仕事を終えて帰宅し、着替えを済ませて最寄り駅に向かう。

空港近くに前泊するためです。

高速バスで3時間ほどで東京に出て、今回は羽田空港内の宿『ファーストキャビン』にチェックイン。

夕食はバスの中でおにぎりを食べたので、ゆっくりシャワーを浴びておやすみなさい。

1泊目

6:30 羽田空港出発

5:20に起きて身支度を整え、5:40にチェックアウト。

出発ロビーに向かい、タッチ&ゴーで保安検査場を通過。

空港内に泊まる快適さを実感。

6:20に飛行機に乗り込み、仮眠

途中お腹が空いて目が覚めて、前日に買っておいたおにぎりを食べてからまた仮眠。

9:45 宮古空港到着

宮古空港

飛行機を降りたらすぐ空港を出られるよう、荷物はすべて機内に持ち込む。(荷物を預けると受け取りに時間を要する。)

空港に迎えに来てくれているレンタカーショップのスタッフさんと合流し、営業所へ移動。

10:10、手続きが終わりドライブ開始!

宮古島散策&ランチ

行きたいお店がまだ空いてなかったので、先に伊良部島行きのフェリーチケット売り場へ。

その後、島の北部を目指しドライブしていると、すさまじいどしゃぶりに見舞われ、運転してても前は見えないわ、急に大きな水たまりが現れてバッシャーンとなるわ、エキサイティングな時間を味わう。

11:00島の北側にある『まなつのスパイスカフェ茶音間』へ無事に到着。

まなつのスパイスカフェ茶音間

この頃には雨はやんでいた。

早めのランチをとりながら、店員さんから宮古島情報をGETする。

お客さんが少ない時間だったのでいろいろお話をしてくださいました。

スパイスたっぷりのカレー

事件発生!

お店を出て車に乗ろうとしたとき、タイヤがパンクしていることに気づいた。

人生初めてのパンクに、少しパニック!

お店に入ろうとしていたお客さんが声をかけてくれたおかげで冷静さを取り戻した私は、レンタカーやさんに連絡。

15分ほど待機しその場でタイヤ交換が始まったが、どうやらうまくいかず、代車を手配することに。

さらに待つこと15分、車を乗り換えて再び散策スタート。

14:00伊良部島へ

カーフェリー

フェリーの時間になんとか間に合い、車ごとフェリーに乗り込み伊良部島へ

車を降ろし、雨降る中、下地島のタッチ&ゴースポット通り池をのんびり周る。

通り池

19:00チェックイン

ひららや

宮古島に戻りスーパーでお土産を買い、美しいビーチ『与那覇前浜』を周ってからゲストハウス『ひららや』にチェックイン

オーナーさんと少しおしゃべりしてから、ランチしたお店で教えてもらった居酒屋さんへ歩いて向かう。

20:00夕食

宮古島の中心地にある『南楽』で泡盛と沖縄料理を楽しむ。

オーナーさんはじめスタッフさん、常連さんまでもがステキな人で、気づいたら0時前!

もう、最高のゆんたくでした。

部屋に戻りシャワーを浴びて、1:00頃おやすみなさい。

2日目

7:00 朝シュノーケル

7:00に起床し、水着に着替え、スーパーで買っておいたおにぎりを持って車に乗り込む。

チェックアウト前に泳いで、シャワーを浴びさせてもらう作戦。

8:00に『イムギャーマリンガーデン』到着し、海を見ながらおにぎりを食べ、シュノーケル

曇っていて水の冷たさに耐えきれず、30分でシュノーケル終了。

10:00前に宿に戻り、シャワーを浴びて荷造り。

10:30チェックアウトして宮古島散策

スナヤマカフェ

『砂山ビーチ』をのんびり散歩し、『スナヤマカフェ』でお茶。

さらに北上して『池間大橋』をドライブ。

宮古島に戻り、『すむばり食堂』で絶品タコ丼をいただく。

ここのおばちゃんもいい人で、地元の人もたくさん来ていた。

タコ丼

やっと見つけた『宮古まもるくん』と写真を撮り、そのまま南下して来間島へ。

まもるくん

来間島の『長浜ビーチ』が気に入って、ヤドカリと遊んだりマブヤードリンクを飲んだりぼんやり過ごす。

マブヤードリンク

宮古島に戻り、レンタカー返却ギリギリの時間まで『与那覇前浜』を散歩

昨日は夕方の時間で分からなかったが、ここのビーチとっても美しい。

与那覇前浜

16:00にレンタカー返却し宮古空港へ。

事件発生!

乗る予定だった16:55宮古発の便、「機体に落雷を受け、現在安全確認中。出発時間が遅れます」とのこと。

那覇で乗り継ぎ、21:50に羽田到着の予定がすべて狂うことになる。

しばらく待っていると、「この便は欠航になります。振り替え便を手配しますのでカウンターまでお越しください」とのアナウンスが。

結局、20:15宮古発の羽田直行便となり、今日中に茨城県日立市まで帰れないことが確定

都内に泊まってそのまま出勤すればギリギリ間に合うので、高速バスをキャンセル、代わりに都内の宿を予約した。

18:00 宮古空港で過ごす。

仕事にも間に合うことが分かってホッとしたので、あとは楽しもうと空港内を散策。

しかし小さい空港なのでレストランとお土産やさんくらい。

マッサージやさんを見つけ、30分ほど施術を受ける。

レストランで泡盛とお刺身、沖縄そばをいただきながらフライトを待つ。

お刺身

沖縄そば

20:15 宮古空港出発

旅の記録を手帳に書き残してから仮眠

23:15 羽田空港到着

上野駅まで移動し、宿にチェックイン。

翌朝、茨城県日立市に戻りそのまま出勤。

まとめ

トラブルは発生しましたが、それでも思ったよりのんびり過ごせました。

楽しむコツとして…

  • なるべく朝早い便&遅い便を選び、現地での滞在時間を長くする。(詳しくはコチラ⇒弾丸旅を楽しむために~早朝便・遅めの便で滞在時間を長くしよう編~
  • レンタカーを借り、フットワーク軽く。
  • 移動中に仮眠をとり、現地では朝から夜までめいいっぱい遊ぶ。
  • どうしても行きたいお店があるときは、混みそうな時間を避ける。
  • 帰りの飛行機が遅延・欠航したときの対策を念のため考えておく。(離島の場合、すぐに代替え機を用意できないことがある。)

「なかなか休みが取れない。でも旅に出たい!」というアナタ、2日間のお休みを使って旅に出てみてはいかがですか?

◆かかった費用はコチラで公開しています!

茨城から1泊で宮古島!かかった費用を公開!

◆茨城から1泊でシリーズ石垣島編はコチラ!

茨城から1泊で石垣島、本当に楽しめる?ひとり旅好き女子の旅レポ