茨城から1泊で石垣島、本当に楽しめる?ひとり旅好き女子の旅レポ

茨城から1泊で石垣島、本当に楽しめる?ひとり旅好き女子の旅レポ

1泊2日での石垣島旅レポ

離島ターミナル

私が暮らしているのは茨城県の北部に位置する日立市。

「1泊で沖縄?しかも離島だなんて忙しすぎるでしょ?」「ほぼ移動で、遊ぶ時間ないでしょ?」、1泊で沖縄に行くたびに、よく聞かれる言葉たち。

いやいや、やりようによっては、1泊でもだいぶのんびりできちゃうんですよ。

「本当~?じゃぁどんな風に過ごしたの?参考までに教えて!」と言うことで、今回は1泊2日で石垣島を旅したときの記録をまとめてみました。

1泊目

2:30 高速バスで羽田空港へ

まだ夜明け前の2:00に起き、歩いて5分のところにある高速バス乗り場へ

水戸や大洗を経由しながら羽田空港まで直行してくれるので、空港までぐっすり眠る。

こんな時間からもバスを動かしてくれるなんて、ありがたすぎます。

6:25 羽田空港出発

朝の空港

5:30に羽田空港に到着。

荷物はすべて機内に持ち込むので、そのまま保安検査場へ。(飛行機を降りたらすぐ空港を出られるように!)

6:15に飛行機に乗り込み、仮眠

10:00 石垣空港到着

新石垣空港

このときは2013年12月。

空港が新しくなったばかりでちょっと戸惑いながら空港を出る。

石垣島散策

バスに乗り込み、離島ターミナル近くにある宿『イーストチャイナシー』へ。

荷物だけ預かってもらい、石垣市街地に出る。

石垣市街地

あやぱにモールをふらふらしながら、11:45に沖縄そばがおいしい『来夏世』でランチ。

来夏世

13:00 黒島へ

再び離島ターミナルに戻り、黒島行きのチケットを購入。

フェリーで初めての黒島へ。

フェリーで出逢った旅人さんと仲良くなり、レンタサイクルで一緒に島を周ることに。

黒島研究所

黒島研究所で島の生き物を観察したり、そこらじゅうにいる牛たちを観察したり、仲本海岸でのんびりしたり。

牛の親子

港前のカフェ『ハートらんど』でアイスサンドし食べていると、隣にいたお客さんとまさかの共通の友人がいることが判明し、みんなでゆんたく。

アイスサンド

17:35 石垣島に戻る

楽しいゆんたくに時間を忘れ、気づくとフェリーギリギリの時間。

お礼を言い、フェリーで石垣島に戻る。

フェリーを降り、その足でユーグレナモールに向かい、お土産を調達。

お土産やの方と話が盛り上がり、島のおつまみやハブ酒を少しごちそうになった。

20:00 夕食

前から気になっていた居酒屋さん『南ぬ島』で泡盛と沖縄料理を楽しむ。

カウンターに座っていたので、スタッフのおばちゃんがいろんな話をしてくれた。

イスをひとつ空けたところに座っていた旅人さんも話に混ざり、石垣牛やモズク天ぷらをシェアしながらゆんたく。

話足りないので、2件目に移動して再びゆんたく。

ここのお店もステキな人ばかりで、まだ行ったことのない島の情報もたっぷりGET

0時半頃お開きにし、宿に戻っておやすみなさい。

2日目

9:30 竹富島へ

8:00に起床し、ベランダでしばらくぼんやりしてからチェックアウト。

離島ターミナルへ向かい、サーターアンダギーを買ってからフェリーで竹富島へ。

前回もお世話になった『友利レンタサイクル』で自転車を借りて島散策。

竹富島

まずは遅めの朝ごはんとして『しだめー館』でラフテー丼をいただく。

「ブログに来てくれたお客さんの写真を載せているんです」とのことで、私もブログに登場させてくださいました。

ラフテー丼

『西桟橋』『コンドイビーチ』『カイジ浜』を周り、『泰鍛窯』で焼き物をたくさんGET。

焼き物

買った焼き物を送ろうと『竹富郵便局』へ行くと、なんと担当してくれたスタッフさんが茨城の出身の方だった!

お互いうれしくなり、茨城あるあるで盛り上がる。

遅めのお昼は『喫茶マキ』のゴーヤ麺焼きそば

ここのおばぁちゃんがとってもかわいかった!

ゴーヤ麺

『アイヤル浜』を周ってからレンタサイクルを返却し、16:15フェリーで石垣島へ戻る。

ブーゲンビレア

18:00 石垣空港で過ごす

宿で預かってもらっていた荷物を受け取り、バスで石垣空港へ。

空港内のフードコートで石垣牛のミニ焼肉丼をいただき、大好きなジェラートやさん『ミルミル』の塩黒糖味とラムレーズン味をデザートに。

19:40 石垣空港出発

旅の記録を手帳に書き残してから仮眠

22:40 羽田空港到着

モノレールで東京駅まで移動し、23:30東京駅発の高速バスに乗る。

1:30頃、自宅に到着。

まとめ

今回はレンタカーを借りず、移動はすべて公共機関を使いました。

八重山諸島の玄関口である石垣島、フェリーでお手軽に離島へ渡れるため、1泊でもさらにその先の離島旅を楽しめちゃいます。

  • なるべく早い便&遅い便を使い、現地での滞在時間を長くする。(詳しくはコチラ⇒弾丸旅を楽しむために~早朝便・遅めの便で滞在時間を長くしよう編~
  • レンタカーを借りない場合は、バスの時間を事前にチェックしておく。
  • 移動中に仮眠をとり、現地では朝から夜までめいいっぱい遊ぶ。
  • どうしても行きたいお店があるときは、混みそうな時間を避ける
  • 帰りの飛行機が遅延・欠航したときの対策を念のため考えておく。(離島の場合、すぐに代替え機を用意できないことがある。)

「なかなか休みが取れない。でも旅に出たい!」というアナタ、2日間のお休みを使って旅に出てみてはいかがですか?

◆かかった費用はコチラで公開しています!

茨城から1泊で石垣島!弾丸旅でかかった費用を公開!

◆茨城から1泊でシリーズ宮古島編はコチラ!

茨城から1泊で宮古島、本当に楽しめる?ひとり旅好き女子の旅レポ