一人で旅して何してる?よくやる4つの過ごし方

一人で旅して何してる?よくやる4つの過ごし方

ひとりで旅に出て、なにしてるの?

前回の記事でひとり旅の魅力についてお話させていただきました。

女性でもひとり旅をオススメする3つの理由

 

魅力は分かった!でも、、、

『実際どんな過ごし方をしているの?』

 

と、具体的なことが気になってくるかと思います。(実際よく聞かれます!)

 

正解はない!ので、ココロの思うがまま、好きなことやりたいことを楽しみましょうー!

というのが正直なところですが、今回は参考までに、わたしがよくする行動をまとめてみました!

 

 一人旅で何して過ごしてる?

さんぽ

一人旅の過ごし方:旅好き女子の足跡

 

旅の定番!ひたすら歩く!もしくは自転車!

その土地の空気を目で、耳で、鼻で、肌で、ココロで感じる。

 

車だと見逃してしまうお店をみつけたり、すみっこに咲くお花に出逢えたり、わき道にスッと入ってみたりもできる。

すれ違う地元の人や旅人とあいさつを交わし、そこから会話が続いてゆくこともある。

 

そこで楽しくなるオススメがカメラですね。

カメラは人それぞれ楽しいと感じる部分を残すことができます。

つまり収める写真は人それぞれ違ってきていて、そこが魅力なのです。

 

特に最近はスマートフォンなどでカンタンにカメラ撮影が楽しめるようになりましたよね!

大きな荷物を持って歩かなくても綺麗な写真が撮れるようになったのは本当に女子にとって嬉しい!

 

私はスマートフォンではなく、ミラーレス一眼カメラを使っていますが、

こういうカメラがあると、旅はさらに楽しくなるかも!

 

カフェや食堂でのんびりする

一人旅の過ごし方:下甑島ならではのタカエビ

おいしいものを食べて、飲んで、ぼうっとする。

たまに本を読んだり、日記を書いたり、大切な人たちを思い出し手紙を書いてみたり。

 

真っ白な紙に、今感じていることをありのまんま書き出してみるのも良い。

わたしは、

  • そこにしかないお店
  • 地元の人がおススメするお店
  • その土地に行った人がおススメするお店

の中から、そのときの心境(静かなところがいいのか、にぎやかなところがいいのか)に合わせてお店を選ぶようにしています。

どのようなお店を選んだとしても自分の感性に合わせていくのが一人旅のおすすめのポイントですよ。

 

近くにいた人とおしゃべり

女性一人旅の過ごし方:ターミナル

さんぽ中や、海やお店でぼんやりしていると、話しかけられることがあります。

なんとなく心地が悪いな~という場合は、さらっとかわしてフェードアウトしていきますが、心地よいな~と感じる場合はそのまま会話を続けます。(直感に従う!)

  • お店の店員さんにおススメを聞く。常連さんがいたら話しかけてみる。
  • 歩いているおばあちゃんに道を尋ねてみる。
  • ゲストハウスの共有スペースにいる旅人さんと情報交換する。

 

こんなふうに、自分から話しかけることも多いです。

 

これまでの経験から自分の哲学を語ってくれ、新しい考え方に出逢えたり。

 

地元の人だから知っている話しを聞き、その土地にさらに興味がわいたり。

 

旅人から人生を大きく変えるほどの言葉をもらったり。

 

この広い世界で出逢ったのも何かの縁。

人と話すことで、またひとつ自分の内側の世界が広がりますね。

 

体験する

女性ひとり旅の過ごし方:古宇利島の海

 

ここでしかできない体験、こんなときだからチャレンジしてみませんか?

  • 海がキレイなところではダイビングやシュノーケル!
  • イルカがいるならドルフィンスイム!
  • 観光協会や個人のお店が企画しているまちあるきツアー!

 

こうしたツアーは1日コースや3時間コースなど時間で区切られているものや、おひとりさまでも参加OKなものもたくさんあります。

 

他にも、山だったらトレッキング、うつわが好きなら陶芸、郷土料理に興味があればお料理教室などなど。

スタッフさんが地元ならではの情報を教えてくれたり、居合わせた人と仲良くなって旅が終わってもつきあいが続くなんてこともあります。

※予約が必要なものがほとんどなので、旅前にチェックされるとスムーズです。

まとめ

特別なことをする必要はありません。

人それぞれの過ごし方があって、自由にできるのが一人旅の良さ!

食事や、宿泊のプランを立てる時も自分の感性に合っているかどうかを基準に選んでみてくださいね。

 

人の目を気にせずココロの声に従って、でもマナーやルールは守りつつ、思う存分旅を楽しんでください(^^)

ありがとうございました。