ひとり旅あるある。「旅行で不便だな~」と感じた場面

ひとり旅あるある。「旅行で不便だな~」と感じた場面

前2回にわたり『ひとり旅の魅力』、『ひとり旅中の過ごし方について』と、お話をしてきましたが、

 

実は、

「わー、ちょっと不便だな~。」

「これは困ったぞ!誰か~!」

と感じた場面も、いくつかあります。

 

旅は予想外だからおもしろいんですが、今回はあえてまとめてみようと思います。

ひとり旅経験者さんは「あるある~!」とうなずきながら読んでくれたらうれしいです。

 

 ひとり旅あるある

おひとりさまOKのサービスがあるようでないことがある

旅行の不便な点:フェリーに乗る島人

宿泊やワークショップ、ツアー等の情報収集をしていると、料金設定が『2人~』となっているものをよく目にします。

 

もちろん、サービスをする側の事情もわからなくもないですが…

この二人というのが厄介で、一人旅だと途端に旅の範囲が狭まってしまいます。

 

こういう時に

『おひとりさまOK』の言葉を見つけると、ありがたや~!となります。

 

昔の旅館の方に事情を聞くと、「自殺しに来るのか?」と警戒され、ひとりの場合はなかなか受け入れてもらえなかったとか…。

 

今でこそビジネスマンの出張利用やおひとりさまが増え、1人用のサービスがどんどん生まれているので、そんな環境に感謝しなきゃですね。

 

割高になることが多い

旅行で不便な点:旅費がものすごく出費する

本来は2~3人でシェアするものを、ひとりじめするわけですからね。

贅沢と言えば贅沢です。

  • 宿の部屋料金
  • タクシー代
  • レンタカー代

これらは、人数がいれば『割り勘』というものができるので、ひとりあたりの負担が少なくなります。

 

また、ごはんを食べるときも、『人数がいればたくさん種類を頼んで一口ずつシェア!』

なんてこともできますが、ひとりでこれをやろうとするとお腹もお財布も大変です(笑)

 

一人旅では出費がかさんでしまうという点だけは本当に気をつけて過ごさなければならないでしょう。

分担作業ができない

そうです。基本は自分ひとりです。

だからこそ、あたりまえのありがたみに気づけたって部分もありますし、

また、いろんなシーンを想定して行動するクセがつきました。

 

順番待ち

みんなで行くとほとんど関係ないんですが、一人旅の時ほどこの不便さを感じたことはありません。

それがこの順番待ち!!

 

順番をただ待つだけというカンタンなものなんですが、この単純な作業が一人旅女子の行く手を阻みます。

気長に待つ…、この『待ち』のスキルを高めるのも非常に重要ですね。

 

トイレの際の荷物番

同じようにトイレの際の荷物番も一人旅の時、非常に困ります。

特に女子のトイレって混みがちで、荷物番をするだけなのに本当に苦痛を感じてしまう。

 

その辺りで適当に済ましちゃう…なんてことできるハズがありませんので、トイレの時は余裕持って行動しましょう。

レンタカーの運転

レンタカーの運転っていうのは特殊なケースかもしれませんが、特に私の大好きな沖縄では車を乗っていくことができなかったりするので、レンタカーを借りることは多くなります。

 

レンタカーは結構長く運転していると疲れるもの。

みんなで行っていれば疲れた時はすぐ交代できるのですが、一人では無理。

 

レンタカーを考慮するなら、一人で運転するべきかよく考えてからにしてくださいね。

寝過ごさないよう見張り番

こちらは電車や、飛行機などの時に多いです。

一人だと寝過ごさないように起きてなきゃいけないので、見張りをずっとしていなければなりません。

これがまた大変で、起き続けていなければならないのは本当に苦痛を伴います…。

 

みんなで行けば良かった〜!って思うシーンの第一位かもしれませんね。

意外とウトウトしちゃうのです。

 

トラブル時の対処

トラブルが起こった時って、人間ですもの…、パニックになります。

ですが、このトラブルの時、一人ではどうしようもない時も多いんです。

 

こんな時にこそ

「誰かいたらありがたいんだけどな~」と思うこと多々。

 

まとめ

不便だな~!誰か~!と思うことがあるのに、わたしはひとり旅を続けています。

不便さを感じたからこそ気づいたもの、見えてきたもの、舞い降りてくるひらめき、救世主の登場などなど。

 

それも含めて、魅力に感じているのかもしれません。

また、これらの問題は、旅先での出逢いを活かすことで解決するものばかりなんですね~。

このお話は別記事にてお話しようと思います。

旅行で不便な点:ひとりだからこそ気づくこと

読んでくださり、ありがとうございました(^^)