弾丸旅を楽しむために②~荷物はすべて機内に持ち込もう~

弾丸旅を楽しむために②~荷物はすべて機内に持ち込もう~

弾丸旅を楽しむためにシリーズその②!

弾丸旅のときは1分でも1秒でも時間が惜しい。

かけたいところに時間をかけられるよう、できるかぎり余計な時間を短縮したい。

わたしもそう思い、試行錯誤をくり返すこと早7年。やっぱりここだなと思うポイントがいくつか浮かび上がってきました。

今回はそのうちのひとつ!それは『荷物はすべて機内に持ち込む』こと!

それではさっそく本題に移りましょう。

その①はコチラ⇒弾丸旅を楽しむために①~早朝便・遅めの便で滞在時間を長くしよう

その③はコチラ⇒弾丸旅を楽しむために③~座席は前方の通路側を確保しよう~

飛行機到着後、すぐに行動できる!

到着後すぐに行動

手荷物を預けた場合、目的地の空港に到着し飛行機を降りてから、手荷物受け取りロビーにて荷物が出てくるのを待たなければなりません。

これがけっこう時間がかかるのです。

荷物を預けてしまえば身軽になって楽ちんなのですが、個人的には時間がもったいないという気持ちのほうが上回ります。なので、ここ数年荷物を預けていません。

荷物は機内持ち込みOKのサイズにとどめ、一緒に機内に乗り込み、飛行機から降りたらすぐさま目的地に向かってGO!しています!

やはりほとんどの方が荷物を預けるので、人混みも避けられます。

ノーストップでひと足先に、サクサク行動しちゃいましょう!

機内持ち込みOKのサイズについて

持ち込みOKのサイズ

機内に持ち込んで良いサイズや重さは、航空会社によって変わってくるので、各航空会社の公式ホームページにてチェックしてみてください。確認できたら、そのサイズに合わせて荷造りをしましょう!

空港の各航空会社カウンター前にもサイズを確認できる台が置かれているので不安な方はそちらで最終確認をしてみてください。

(荷物についてはこちらにちょろっと記載しています。『ひとり旅好き女子がおススメする、あると便利な5つの旅グッツ!』・『ひとり旅好き女子が島を旅するときの持ちもの』)

LCCの場合は持ち込み無料のサイズと、追加料金を支払えば持ち込み可能のサイズがありますので、要チェックです。

 

ほんのわずかな時間でさえも大事に思う弾丸旅。

みなさんの弾丸ツアーが、より充実したものになりますように!