下甑島で水揚げされたタカエビが、わたしたちのもとに届くまでの物語

下甑島で水揚げされたタカエビが、わたしたちのもとに届くまでの物語

選別作業を体験して見えたもの

手作業

下甑島で『タカエビ(薩摩甘エビ)』の選別作業を体験させていただいた。

水深400mの深海に生息するタカエビ。

正式名称はヒゲナガエビと言い、甑島の中では下甑島の長浜港でのみ水揚げされている。

クリーミーな甘さとプリップリの食感、宝石のような姿に自然と顔がゆるんでしまう。

船長さん

今回お邪魔したのは、下甑島長浜港のタカエビ漁船『鷹丸』さん。

中でも大変お世話になった船長の下野尚登さんは、作業をしながらタカエビのこと、海のこと、島のことをたくさん教えてくださいました。

(ワイルドでとてもカッコイイ下野さん、甘いものが大好物だということも知りました!)

甑島の中でタカエビの操業許可を得ている船は、現在5隻のみ。

そのうちの1隻である鷹丸さんのもとで目にした、タカエビがわたしたちのもとに届くまでの物語

夜明け前に海へ出る

夜明け前

太陽が顔を出すうんと前に船は出港。

港に戻るのは、お昼を過ぎたころ。

船上での選別作業

船上での選別作業

港に戻ると、船上で選別作業が始まる。

まずはタカエビと魚に分け、タカエビはさらに大きさ別にしてゆく。

氷で冷やす

氷水で冷やす、鮮度を保つためのひと手間。

魚とエビに分けられる

深海400mでくらしている魚たち。

ノドグロ、目光、タカエビではないエビも混ざっている。

クレーンで船からトラックへ釣り上げる

クレーンで船から陸へ

タカエビが詰まったバケツをクレーンで陸上へと釣り上げる。

バケツにチェーンをくくり付ける人、クレーンを操作する人、トラックで待ち構える人、余計なロープが引っかからないよう周りに気を配る人、抜群のチームワークでサクサク進む。

港で待つおかあさんたち

港で待つお母さんたち

その頃、港からすぐそばの作業場では、お母さんたちがパック詰めの準備をしていた。

ひとり、またひとりと島のお母さんたちがやってきて、エプロンを身につける。

漁師さんからお母さんたちへバトンタッチ

ていねいに

船の上で大・中・小に分けられたタカエビを、再度確認しながらパックに詰めていく。

1匹ずつ手作業で、ていねいに。

食べやすくするためエビの頭をちぎる

一方で、食べやすいようにと頭ちぎり作業がされていた。

すごいスピードで、かつ、背ワタも一緒に取り除いてゆく。

ノドグロ

一緒に水揚げされたノドグロもパッキング。

獲れたてのタカエビを求めて

新鮮なエビを買いに来る人

こうしてパック詰めされたタカエビたちは、島内の家庭やお店へ、全国各地のファンの元へと届けられる。

選別作業の途中、タカエビを買いに来る人の姿もあった。

獲れたて新鮮なタカエビを求めてやってきて、皆、発砲スチロールやビニール袋を抱えて帰ってゆく。

今夜はお刺身だな、我が家は塩焼きにしよう、いやいやエビフライの気分だな、きっとみんなそんなことを考えているに違いない。

想いも一緒に噛みしめる

わたしたちのもとに届くまで、こんなにたくさんの物語が存在している。

命をいただいていることに感謝して、漁師さんやお母さんたちの想いも一緒に噛みしめて、いただきます。

鷹丸のみなさん、そして下野さん、ありがとうございました。