小笠原諸島の南島上陸レポート!

小笠原諸島の南島上陸レポート!

小笠原諸島にある無人島・南島(みなみじま)は、1日に上陸できる人数が100人と決まっている。

さらに、認定されたガイドがいないと上陸が許されないという、とても特別な島なのだ。

ガイド1人につき15人まで、決められたルート以外は歩いてはいけない、上陸は最大で2時間まで、島の物を持ち帰ってはいけない、道に生えている草もなるべく踏まないように歩く等…この自然を守るため、父島よりもさらに厳しい決まりがある。

南島に向けて出港したとしても、海況によっては上陸できないこともあるので、行けたらラッキーと思っておくくらいがちょうどいい。

私はラッキーなことに初めての小笠原旅で南島に渡ることができた。それは2015年9月のことだった。

ドルフィンスイムと南島上陸ツアーに

船

今回お世話になったのは『come・クルーズ』さん。1日かけてイルカを探し、見つけたらダイブして一緒に泳ぐ。その合間に南島に上陸する。というツアーだった。

お昼ごはんも船の上で食べ、休憩中は素潜り(深さ50mのポイントでも潜れた!)をして遊んでもよい。海好きにはたまらない。

小型船に乗り込んだのは私たち含め計3組とオーナーご夫妻。とてもアットホームな雰囲気で、のんびり海時間を楽しめた。

上陸方法は基本2種類

ドルフィンスイムがひと段落し、いよいよ南島へ。

南島には桟橋がない。上陸する方法が基本的に2パターンあると聞いた。

その①サメ池から進入する方法

サメ池

向かって左に見える岩と岩の間を通り、入り江に入る。岩場に船を着け、そこからゴツゴツした岩場を登って上陸する。この方法は小型船でなら可能だが、大型の船では不可能とのこと。(岩の間を通り抜けられないため。)

その②扇池から進入する方法

扇池

このトンネルの向こう側に船を停め、そこからカヤック or 泳いでトンネルをくぐり、上陸する。大型の船は①の方法では不可能なため、必然的にこちらが採用される。

今回は①の方法で!

今回お世話になった船は小型だったので、サメ池から上陸できた。船長の運転技術に興奮した!

岩場に船をつけ、かけてくれたハシゴを伝って上陸。

ちなみにこの日は波がザッパンザッパン!とてもじゃないけど②の方法では死んでしまうレベルだったので、大型船のツアーでは上陸できなかったであろう。小型船でよかった。

この間をすり抜ける!

上陸!!

見張り台
見張り台?

 

グンバイヒルガオ
わさわさのグンバイヒルガオたち。踏まないようにあるく。

 

ぽっかりひらけた砂浜に出る。

 

涙が出そうになった景色
なぜか涙が出そうになった景色。

 

カタマイマイの化石
砂浜にコロコロ転がっている、カタマイマイの化石たち。

 

海水でできた池
この池は台風時に、この断崖絶壁を超えて入ってきた波しぶきでできたものらしい。恐るべし自然のチカラ。

 

飛べない鳥
途中、トリがうずくまっているのを発見。生きてはいるが飛べないようで、ガイドさんが保護センターに連絡しくれた。小笠原の人は、自然にも、生き物にもやさしい。 

 

とげとげしい岩場
このような岩場をぐいぐい登り、高台にたどり着いた。

 

向かいに見えるのは父島。
向かいに見えるのは父島。

 

どこまでもダイナミック。

 

慎重にあるき、船に戻る。
慎重にあるき、船に戻る。

 

船はまた岩の間をすり抜けて大海へ。
南島はとっても暑く、水着やフラッシュガードはすっかり乾いていた。
スタッフさんが出してくれたお茶がとてもおいしかった。

南島に上陸して

なんでこんなに動けなくなってしまうんだろう。
なんでこんなに周りの音が聞こえなくなるんだろう。
なんでこんなにココロがじんわりするんだろう。
ここに来れたこと、ここにつながるすべてのことに感謝。